金融機関コード:5128
食と農

営農だより2016年11月

果樹苗木の植付け

高品質な果実をつける果樹を育てるには、その第一歩として、適切な時期に適切な栽植密度で苗木を植え付けることが重要です。ほ場によって適切な栽植密度などは異なりますが、ここでは基準となる植え方を紹介します。

栽植様式と栽植密度

●栽植様式

果樹の栽植様式には、正方形植え、長方形植え、五点形植え、並木植えなどがあります(図1)。スピードスプレーヤーなどを走らせたい場合は長方形植えまたは並木植えがオススメです。


1 果樹の栽植様式の例

●栽植本数

樹をまばらに植えると面積当たりの収量が少なくなり、反対に密に植えると果実に日が当たりにくくなるので果実品質が低下します。最適な10aあたりの栽植本数は果樹の種類・品種などによって異なり、およその基準は表のとおりです。

表 栽植距離と10a当たり最終栽植本数のおよその基準

神奈川県作物別施肥基準より試算

●計画密植栽培

苗木を植えても、すぐに成木と同じ量の果実は収穫できないため、最初から表の栽植密度で植えてしまうと、初期の収量が低くなってしまいます。そこで、植付け当初はある程度密植にし、樹が大きくなるにつれて段階的に間伐していきます。これを計画的密植栽培といいます(図2)。

表 栽植距離と10a当たり最終栽植本数のおよその基準

図2 計画的密植栽培による栽植と間伐の例

植付け時期

●落葉果樹

カキやウメなどの落葉果樹の植付けは、落葉後から次の発芽前までの樹が生長を止めている期間(休眠期)に行います。植付け時期は落葉後に行う秋植えと、発芽前に行う春植えがあります。春植えの場合は、新根の生長が始まっている場合がありますので、植付けの際に根を傷めないように注意してください。

●常緑果樹

温州ミカンやレモンなどの常緑果樹は、発芽前の春植えが基本となります。秋植えすると冬の寒さで落葉したり、枯死したりする危険があるため避けてください。なお、春枝の生長が終わった梅雨期に植え付けることも可能です

植付け方法

●植え穴と苗木の準備

植え付けた後に、根を早く広く張らせるため、なるべく大きな植え穴(150㎝四方、深さ50㎝程度)を掘りましょう。掘る時に肥沃な表土とやせた下層土を分けて積み上げます(図3)。 やせた下層土には堆肥などの有機物、石灰、リン酸などを投入し、よく混ぜておきます。有機物などを混ぜた下層土は植え穴に戻しますが、このときに足で軽く踏みながら入れましょう。
苗木は乾燥しないように、植え穴を掘った後すばやく植え付けますが、このときに苗木を掘り上げたときにできた太い根の切断面を見てみてください。もし切断面がささくれていたら、切断面がなめらかになるように少し切り返すと新根の発生がよくなります。
苗木の掘り上げによって根が切れるため、地上部との均衡を保つために枝も切り返しましょう。枝を切り返す高さは地上60~80㎝です。このとき病気におかされた部分がないか確認しましょう。もしあれば切除するか薬剤で消毒しておきます。


図3 植え穴の堀り方

●植付けの方法

さて、ここから実際の植付け方法を説明していきます。先ほど穴に戻した下層土の上に苗木を植え付けますが、苗木の根の周囲に肥沃な表土を入れるようにしてください(図4)。接ぎ木部が隠れてしまうような深植えは避けましょう。接ぎ木部が土に隠れてしまうと、穂木から根が出てしまい、枝の伸びが悪くなってしまいます。表土を入れたあとは根の乾燥を防ぐため、また、根と土をよくなじませるため、たっぷりとかん水をします。


図4 苗木の植え方

●植付け後の管理

植付け後は根の乾燥を防ぐために覆土をしたり、株元をワラや黒マルチで被覆したりします。覆土するときも接ぎ木部が隠れないように注意しましょう。また、苗木が風で倒れないようにしっかりと支柱で固定してください。

おわりに

植付け作業は以上になりますが、作業が終わったあとも、乾燥しないように定期的にかん水するようにしてください。
果樹は上手に栽培すれば何十年も収穫が続く作物ですので、最終的に適切な栽植密度になるように、事前によく計画を練ってから植え付けましょう。

バックナンバー